糖尿病性ケトアシドーシス昏睡(原因・症状)

糖尿病

糖尿病性ケトアシドーシス昏睡

糖尿病性ケトアシドーシス昏睡は急性の糖尿病性合併症です。インスリン治療の中断や生活習慣の悪化によって招かれる恐ろしい合併症です。糖尿病性ケトアシドーシス昏睡について紹介していきます。

急性の合併症

ケトアシドーシス昏睡糖尿病の合併症の多くは、糖尿病を長期間患っていることで発症(慢性合併症)します。また、急性の合併症として怖いものに、「ケトアシドーシス昏睡」があります。ケトアシドーシス昏睡は、血液中のインスリンが極端に不足した時に起こります。この状態では、ぶどう糖を利用することができなくなり、その代償として肝臓や脂肪組織に蓄えられている脂肪がエネルギー源として使われます。脂肪がエネルギーとして代謝されると、ケトン体という物質が生じます。ケトン体が血液中に増えると高血糖に加え、血液のpHが酸性に傾きケトアシドーシスという状態になります。この状態が長く続くと、昏睡に陥りきわめて危険な状態になります。

糖尿病性ケトアシドーシスの原因

インスリン注射ケトアシドーシスの原因としては、インスリン治療の中断、暴飲暴食、精神的・肉体的過労、感染症などのための高熱などが考えられます。また、1型糖尿病の患者が、かぜ症状、吐き気、下痢など、体調の悪化のために食事がとれなかったり、食べなかったことを理由にインスリンの注射を中止したときにも、ケトアシドーシス昏睡が発症します。

治療の遅れが深刻な事態に

ケトアシドーシス昏睡は、素早く治療をしないとたいへんに危険です。放置しておくと、昏睡から脱水状態になり、急性腎不全、急性心不全などを起こします。このようなときは、一刻も早く糖尿病専門医のいる医療機関に連絡して適切な治療を受けなくてはなりません。

スポンサードリンク

ページの先頭へ