糖尿病腎症(腎不全・人工透析)

糖尿病

糖尿病腎症について

糖尿病腎症は腎臓のろ過作用を担う糸球体に異常が起き、血液中の老廃物を尿として処理できなくなり、腎不全におちいります。生命を維持するために、定期的に人工透析を行う生活になります。糖尿病腎症について紹介していきます。

糖尿病腎症・「胃不全」になると人工透析が必要に

糖尿病腎症高血糖状態が長期間にわたり続くと、はじめにきわめて細い血管(細小血管という)が傷んできます。糖尿病によってダメージを受けやすいのは、腎臓の紳小血管です。腎臓は、体内に必要ない不要物や毒になるような血液中の老廃物を尿として体外に排泄し、必要なものは血液中に再吸収するという重要な働きをしていてこれを(ろ過)と言います。ろ過機能を受け持っているのが、細小血管が集中している糸球体という組織です。糖尿病によって糸球体の細小血管が損傷を受けると、老廃物をろ過する機能が低下してしまい、不要物や毒になるものが体内に残ってしまいます。逆に、からだにとって大切なたんばく質が尿中に捨てられてしまうのです。

人工透析は時間的・精神的負担が非常に大きい治療

人工透析腎症の初期には、糖尿病患者の尿にたんぱくが出てきます。この段階では、なにも自覚症状はありません。「腎症」が進み、悪化すると「腎不全」となり、最悪の場合には、「尿毒症」という致命的な病気に陥ります。腎不全の末期になると、失われた腎臓の機能を機械に代行してもらう人工透析という治療を受けなくてはなりません。人工透析は、膨大な時間と金銭的な負担を強いられる大変な治療です。頻繁に通院しなくてはならないなど、時間的・精神的負担が非常に大きいうえに、健康保険が適用されますが、一生透析を継続しなければならないので非常に大きな負担になります。新しく人工透析治療に入る患者が毎年1万3000人以上いますが、糖尿病が原因と考えられる患者数が1番多いと言われています。

スポンサードリンク

ページの先頭へ