海藻/食品成分・栄養・効果【糖尿病食事療法】

糖尿病

血糖値を下げる食品・海藻

海藻に含まれるヌルヌル成分、フコイダンには病気に負けない健康な体を作る力があります。海藻の効果について紹介していきます。

ヌルヌル成分・フコイダンのパワー

糖吸収を遅らせる(1日の目安量わかめ40g)

海藻・フコイダンのパワー沖縄の人々の長寿の理由が、海藻類を多く食べる食生活にあるとする研究者は少なくありません。海藻は、カルシウム、リン、亜鉛、ヨウ素などのミネラル、各種ビタミンに加え、海藻に多い成分フコイダンを含む非常に優れた健康食品です。フコイダンは、もずく、こんぶ、わかめ、ひじきなどほとんどの海藻に含まれる水溶性食物繊維で、海藻特有のヌルヌルした成分のことをいいます。血液中の余分なコレステロールをからめとって便として体外へ排出したり、腸での糖分の吸収を遅らせ、血糖値の上昇を抑える効果があります。また、こんぶやわかめに含まれるアルギン酸、てんぐさの寒天、海苔のポルフィランなども水溶性の食物繊維で、フコイダンとの相乗効果で体の中の有害物質をどんどん体外に排泄してくれます。

海藻のおもな栄養素

昆布
●アルギン酸●フコイダン●β-カロテン●ヨウ素(基礎代謝促進)
わかめ
●アルギン酸●フコイダン●β-カロテン●ラミニン(血圧安定)
ひじき
●フコイダン●クロム●マグネシウム●鉄●マンガン
もずく
●フコイダン

ガン細胞を退治するというフコイダンの力

フコイダンはガン細胞を退治フコイダンの働きは、数多くあります。最も注目されるのは、ガン細胞に直接働きかけてガン細胞を自滅させるという作用です。この効果については、動物実験のほか、人間への調査でも成果が得られています。また、フコイダンは、胃潰瘍の原因となるピロリ菌に吸着をして、菌が胃粘膜にくっつくのを防いだり、NK(ナチュラルキラー)活性と呼ばれる人間の免疫機能を高める効果もあります。食卓には是非海藻を並べましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ